【こどもちゃれんじ】しまじろうの「ひらがななぞりん」の実力解剖!

子どもに人気のしまじろうがメインキャラクターの「こどもちゃれんじ」。やっているという人も多いかもしれないですね!

こどもちゃれんじは昔からある、こどものための通信教育システムで、さまざまな方向から子どもの発達をサポートしてくれる人気のサービスです。

付録のおもちゃが子供に人気だったりするので、付録のためだけにやっているという人も多いですよね(笑

しまじろうの「ひらがななぞりん」とは?

我が家でも、子どもがチラシで見て「欲しい」といった「ひらがななぞりん」をもらうためだけに、1ヶ月だけでもOKという謳い文句に乗っかって、スタートしてみました(笑

これがこどもちゃれんじの「ひらがななぞりん」です!子どもはパソコンに見えるみたいで、「しまじろうのパソコン」といいます♪

1ヶ月の申込でも、入会は入会になるので、届いたのは「ちゃれんじセット」まるまる全てです。ワークブックや本、DVDなどなど様々なものが届きました。

我が家では最初にDVDを視聴し、なぞりんの使い方を勉強しました(笑

チラシでは「なぞりんはこういうものだ」というのは半分くらいしか理解できなかったんですが、何枚かあるカードを透明シートに挟んでなぞっていくという機械です。

似たようなおもちゃ(?)が市販でもあるのではないかと思い、一通り探してみたんですが、実はこういうなぞって使うタイプのおもちゃってなかったんですよね。

ノートでなぞるっていうのはあったんですが、こういうパソコンのような形状のものはなく、何度も繰り返し使えるし、何より見た目が子ども好み!

複数枚のカードを使って遊ぶ

なぞりんのすごいところは、カードを透明シートに挟んで使用するのですが、カードの上の部分を差し込んで使うようになっていて、差込口の形状によっていろんな言葉で話しかけてくれるんです。

クイズ形式のカードがほとんどで、ひとりでも謎解きをしながら結構遊べるので、長女は楽しそうに使ってます。カードによってはハネだけを重点的に練習できるものやいろんな形を練習できるもの、文字を書くものなどさまざまなので、しっかりひらがなをかけるようになっています。

さらに、カードは毎月届くので、飽きることなく使えるのも良いところ♪

こどもは決して飽きっぽいわけではない

こどもって飽きっぽいって感じている人も多いかもしれません。なので、こんなの買ったってどうせすぐに使わなくなるって考えている人もいますよね。

大人の場合、使わなくなる=「飽きる」というのが一般的ですが、実はこどもの場合はそういうことではないようです。

こどもの場合、飽きているのではなく、興味の幅が広かったり、記憶力が高くなったりするため、持続的に使用することがだんだんと少なくなってくることに起因しているそうなんです。

なので、「盛り上がって遊ぶ➡他のものに興味が出る➡元に戻って遊ぶ➡他のものに興味が出る➡元に戻って遊ぶ」といった具合に物を使いこなすようで、当然高い記憶力を持っているので、間が空いても「以前やったことをよく覚えている」ため、本人からしたら「一貫して遊んでいる」ような感覚になるんだとか。

確かに子どもの様子を見ていると、夢中になって「なぞりん」で遊びますが、しばらく経つと「何日も使ってない状態」になっています。でもまたしばらくすると「遊ぶ」をし、また「何日も使っていない状態」になります(笑

そんな使い方で覚えるのかしら?とも思いますが、確かになぞった言葉を1度で覚えて書けるようになっているわけではありませんが、使うたびにスムーズになぞれるようになったり、以前よりもキレイになぞれるようになったりと確実に進化しています!

文字に対する意識も確実についていて、やってよかったな~と実感しています。

1ヶ月で退会するつもりが・・・

長女が欲しかったのは「なぞりん」だったんですが、届いたものすべてに興味を持ち、喜んでワークブックや本で勉強しているので、1ヶ月で退会することを辞めました(笑

月払いだと毎月2千円ちょっと年払いだと1か月あたり2千円弱の「こどもちゃれんじ」なんですが、毎月届く内容はワークブックや本、さらには考える力が身につく付録などで、総じてお得な印象です。

似たようなおもちゃや本を買うにしても、これだけのものを用意しようとすると意外とかかりますからね(汗

効果的な「こどもちゃれんじ」の使い方とは?

我が家では届いた「こどもちゃれんじセット」をいきなりすべて渡していません

だって、届くセットの中はどれもこれも魅力的なアイテムがいっぱいで、いきなり全部を渡しても、どれも中途半端になっちゃいそうに思えるから(汗

なので、最初にDVDと「なぞりんカード」などを渡して、DVDで一通り今回の内容を予習しておいて、そのあとDVDの中から興味を持ったものの順に数日間に分けて渡すようにしています。

こどもちゃれんじのDVDって、こどもがいい具合に惹き込まれる内容になっていて、DVDを見て覚えたことをこどもは自らどんどん実施してきます(笑

新しい内容を覚えだしたら、新しい教材や付録を渡したり、しばらく忘れていたりすると「しまじろうくんからプレゼント届いたよ~」などといって渡したりして、次の号が届くまで、1か月間こどもが「しまじろうに夢中」になれるようにしています。

もちろん、子どものタイプによっても違うのでしょうが、うちの子の場合はこの小出し作戦が功を奏しているのか、気がついたらワークブックをやっていたり、何かにつけては習ったことを思い出して話したりしています(笑

こどもちゃれんじをやり始めてよかったこと

まずは1ヶ月だけ~ではじめたこどもちゃれんじですが、なんだかんだ言って、やってよかったなと思ってます!

付録や本などがお得にもらえることはもちろんですが、子どもの興味の幅が本当に広がりました!

興味の幅が広がったって言うと少しアレなんですが、どーんと見える世界が広がった感じなんですかね(笑

多分、今までの生活では得られなかった刺激が得られるようになっていて、何かにつけて「おお」と感心することが増えました!

こどもちゃれんじをやるまでは、「英才児教育」のようなイメージがあって、そこまで勉強させなくてもって思っていたのですが、全然、勉強させている感がなくて、本人が楽しく遊んでいるようにしか見えないので、「なぞりん」きっかけでしたが、今はこのまま継続していこうかなって思っています。